パルクール初心者と安全性

 

パルクールアイテム

 

パルクール初心者のための安全に練習するポイント

【この記事をシェアする】

 

はじめに

ポイント

 

初心者がパルクールの練習をする際には大切なことがあります。それは、何よりも安全に気を使うということです。パルクールは他のスポーツに比べて危険性が高いです。ちょっとした気の緩みが大きな事故につながることも、考えられますので安全性に配慮した環境で練習する必要があります。

 

しかし、安全性に配慮するには具体的にどのようなことをすればよいのか初心者には少しわからないところが多いかと思います。そこで、ここではパルクール初心者のための安全に練習するポイントをいくつか紹介していきますので、どうぞ最後までご覧になってください。

 

※パルクールを行う際には全て自己責任でお願いします。特に、ケガをする・させる危険性のあることをしないこと。法律やマナーを違反しないことを心がけましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

安全性確保の重要性

警告

 

まずは、初心者がパルクールを練習する際に、安全性を確保することの重要性について話していきます。安全に配慮しないと様々な危険がありますので、是非一度はチェックしてみてください。

 

 

思わぬ事故の防止

 

パルクールの練習には段差のある建物等を使うことが多いでしょう。しかし、これらの安全性を確認していないと、強度不足により人の体重で破損したりして大ケガにつながってしまいます。また、パルクールで進むルートを確認していないと、着地しようとしていた地点がなかったりして、高い場所から落ちてしまう可能性もあるでしょう。これらの理由から思わぬ事故につながらないためにも、練習前に練習場所の安全性のチェックが重要です。

 

 

周りの人との接触事故防止

パルクールを練習する際には周りに注意する必要があります。なぜなら、パルクールの練習場には街中でやる場合もあるあらです。周りの人に気をつけていないと、通行人が通って来て思わぬ接触事故につながってしまう可能性があります。つまり、周りの人が通らないかをチェックしなければ、周りの人に迷惑がかかってしまうどころか、ケガをさせてしまいます。また、接触をしなくても近くを走り回ったりしてビックリさせることも迷惑になりますので注意が必要です。

 

 

万が一のケガを防止

初心者はとくにパルクールの技を失敗しやすいですから、失敗した時のために防護具をつけることが必要になるでしょう。そうしないと、万が一高いところから落ちてしまうと、大ケガにつながってしまいますからね。万が一の事故を防止するためにも自分の身を守るための防護具着用などの安全性を確保する必要があります。

 

スポンサードリンク

 

 



 『そんな体で大丈夫か?』
 パフォーマンスに必要な筋肉を鍛えろ!


 【ディズスタイル 】


筋トレを効果的にするグッズ

激安祭開催中!

鍛えたい箇所を集中トレーニング!


ランキング入賞の商品が多数!トレーニング、エクササイズ用品通販サイト【ティズスタイル】

 

初心者が安全にトレーニングするポイント

ポイント

 

それでは、パルクール初心者が安全に練習するポイントを紹介します。ここで話す内容以外にも安全性を確保するポイントがありますので、各自何が必要かを考えて行動する必要があることを覚えておいてください。また、パルクールの練習をするときには、その危険性をしっかりと認識し、何があっても自己責任だということを肝に銘じてください。

 

 

パルクールで使用する場所の強度を確認

パルクールの練習では突起物にぶら下がったり、細い棒を足場にして移動することが多いです。また、高いところから飛び降りることもあるため、移動する場所の強度を事前に確認する必要があります。これを怠ると強度不足で折れたり破損したりして、迷惑がかかるだけでなく自分が怪我してしまうこともあります。そのため、目視だけでなく、実際に体重をかけたりして、強度が十分かを確認する必要があるでしょう。

 

 

通行人が通らないかを確認

パルクールは外で練習することが多いので、通行人に配慮してトレーニングしなければなりません。これを怠ると、通行人と接触して自分が怪我するだけでなく、他人にケガをさせてしまい、取り返しの付かないことになりかねません。

 

また、少し前に誰もいなかったからと安心して練習を始めると、後から人が来たりした時に対応ができなくなるため、パルクールの練習をする際には他の人に周りに人がいないかを見ててもらうことも必要でしょう。このように、公共の場所でパルクールを練習する際には、周りの安全性に注意することがポイントです。

 

 

防護具の着用

特にパルクール初心者は防護具を着用して練習することが必要でしょう。最低でもヘルメットや膝やヒジをガードするプロテクターはしといた方がよいです。それに加えて、スノーボード等で使用される全身をガードするプロテクターを使用すると少し安心して練習できるかもしれません。

 

スノーボード ケツパッド ヒッププロテクター ヒップパッド 耐衝撃パッド L

 

【 ザイルジャパン 】 上半身 【 ボディー プロテクター バイク ジャケット 】 スノーボード ローラー スケート サバイバル (【XL】身長155cm〜175cm)ウエスト廻り95cmまで可能です。)

 

まとめ

 

パルクール初心者は特に安全性に気を配る必要があることが分かりましたね。安全性の確認を怠ると自分が怪我するだけでなく、周りの人に迷惑がかかってしまうので、十分に安全性に配慮しましょう。

 

【この記事をシェアする】

 

 技の『攻略ポイント』がわかる!
 【パルクール
 〜THE ART OF MOVEMENT 】


活躍中のパルクール集団が講師

技の攻略ポイントを動画で紹介!

組み合わせ技の模倣演技を収録!


詳細はこちら


 

スポンサードリンク