パルクールのトレーニングの種類

 

パルクールアイテム

 

パルクールのトレーニングの種類は?

【この記事をシェアする】

 

はじめに

 

縦横無尽に移動するパルクールを実践できるようになるうえで、必要不可欠となってくるのが基礎トレーニングです。特にパルクールは高低差のある場所でもお構いなしに移動することになるのでとても危険が伴います。ですので怪我をしないためにもしっかりとトレーニングをしていかなければなりません。

 

 

パルクールのトレーニングの種類

 

パルクールのトレーニングは大きく分けて3種類になるのではないのでしょうか?これは私が独自にカテゴリー分けしたものなので、参考程度になるのですが以下のようになります。

 

 

@筋力トレーニング
Aバランストレーニング
B技トレーニング

 

 

@の筋力トレーニングは障害物を乗り越えたり、長時間走り抜けるための持久力を鍛えるトレーニングです。

 

Aのバランストレーニングは様々な地形にも安定して移動できるようにするバランス感覚を鍛えるようなトレーニングです。

 

Bの技トレーニングはパルクールの基本となる動きや技を単体で行うトレーニングと様々な技を連続して行うトレーニングに分けられます。連続しておこなうトレーニングはより実践に近いトレーニングになります。

 

 



 『そんな体で大丈夫か?』
 パフォーマンスに必要な筋肉を鍛えろ!


 【ディズスタイル 】


筋トレを効果的にするグッズ

激安祭開催中!

鍛えたい箇所を集中トレーニング!


ランキング入賞の商品が多数!トレーニング、エクササイズ用品通販サイト【ティズスタイル】

 

筋力トレーニング

 

パルクールの移動術を支えているのはなんといっても筋力です。ただし、重いものをもちあげるようなパワー系の筋肉ではなく、スピードを生み出す筋力と走り続ける持久力の筋肉が必要だと考えられます。もちろん自分の身体を持ち上げるくらいのパワーは必要ですが、TBS番組の「SASUKE」を見てみると筋骨隆々な選手よりも、細マッチョの選手のほうが活躍していることからも、あながち間違っていないと思われます。

 

ですので、素早く壁を登ったり不安定な地形でダッシュしたりすることが筋力トレーニングに適していると考えられます。

 

 

バランストレーニング

 

パルクールは普段人が立ち入らない不安定な地形での移動が多いためバランス感覚が必須となります。バランス能力がないと上手く移動することができなかったり、高所で転倒したりして、大怪我に繋がる可能性があります。ですので、筋力トレーニングと同じくらいの基礎トレーニングとしてバランストレーニングを行いましょう。

 

バランストレーニングは手すりなどと細いみちを歩いたり、静止したりすることで鍛えることができます。初めは平均台くらいの幅がある手すりからはじめて、徐々に足の幅以下の手すりで練習するようにしましょう。

 

 

技トレーニング

 

筋力トレーニングとバランストレーニングをしっかり行ったら、いよいよ技のトレーニングに移っていきます。まずは基本となるパルクールの動きからはじめて、徐々に連続した技のトレーニングをするようにしましょう。パルクールの技については他のページで紹介しています。

 

 

おわりに

 

パルクールの華麗な技を決めるためには、基礎トレーニングが重要です。ここで紹介したトレーニングは基本中の基本となりますので、是非パルクールの技を練習する前に行ってください。基礎トレーニングをしっかりとやることで、パルクールの技ができるようになるまでの、近道となるかと思いますので、是非毎日トレーニングを重ねてください。

 

【この記事をシェアする】