【この記事をシェアする】

廃墟

パルクールの技を上達させるためには練習が欠かせません。
しかし、初心者はまずどこで練習をすれば良いのか分からないことが多いかと思います。

そこで、今回はパルクールの練習に選ばれることが多い場所の紹介をしていきます。
パルクールの練習としてよく使われている場所は、高低差のある場所や障害物が多い場所です。

このことから以下の場所がよく使われているようです。


  • 公園
  • 廃墟
  • 山岳地帯
  • スポーツセンター
  • 自作練習場

※パルクールを行う際には全て自己責任でお願いします。特に、ケガをする・させる危険性のあることをしないこと、法律やマナーを違反しないことを心がけましょう。

パルクールシューズの特集はこちら

パルクールでよく使われている練習場所一覧

公園

公園

パルクールの練習場所として最もと言っていいほどポピュラーな場所です。
公園にはジャングルジムや鉄棒などパルクールの技の練習をしやすい遊具がたくさんあるので練習しやすいと思います。

ただし、公園ではたくさんの人が利用する場所なので周囲に注意して時間や場所を考えて練習をしましょう。

廃墟

廃墟

廃墟は高低差があり周りに人がいないことが多いので、よく一部の海外ではパルクールの練習場に使う人もいるようです。

しかし、廃墟であるため足場が脆かったり、ガラス片が散乱していたりと危険があります。また、所有者がいる場合が多いので、PV撮影などで特別な許可を得ている場合等以外は、他の練習場所を探した方がよいでしょう。



山岳地帯

山岳地帯

山には自然に形成された高低差のある地帯があるため、練習もしやすいでしょう。

また、自然で形成された土地は足場が崩れやすいことが多いので、十分に注意しましょう。

1人で練習する場合万が一ケガした時に連絡ができなくなる場合があるので、2入以上で練習した方がよさそうです。

スポーツセンター

スポーツセンター

雨の日など室内で練習したい場合に適しているのがスポーツセンターです。平均台や跳び箱などの用具を使うことでパルクールの技を連取することが可能でしょう。

自作練習場

自作練習場

お金に余裕のある方は自分で自作の練習場を作ってしまうといつでも練習することができます。鉄パイプ等でセットを作る人もいるようですね。

ただし、この場合用具の強度が十分かしっかりと確認しましょう。



練習場所に関する注意

危険

パルクールの練習場所は公園や施設など公共のスポットで行われることがよくあります。

しかし、これらの場所は様々な人たちが利用する場所なので、十分に周囲に気を使う必要があります。
そこで、以下の項目に関して十分に意識してパルクールの練習を行いましょう。


  • 私有地などで許可無く練習することはやめましょう。
  • 人通りが多くなったらすぐに練習を中止し、 人気がなくなるのを待つか他の場所に移りましょう。
  • 練習後は使った場所の清掃をしましょう。 特に手すりなど人が使う場所を汚してしまった 場合は迷惑がかかるので注意しましょう。
  • 物を壊さないように十分に注意しましょう。 万が一壊してしまった場合は必ず連絡をしましょう。

※その他にも、周りに迷惑がかからないか自分で考えて行動しましょう。

【この記事をシェアする】



関連ページ一覧

ジャンプ DVD
廃墟
ポイント 辞書
Sponsored Links