【この記事をシェアする】

ジャンプ

パルクールは周囲の環境を利用しながら効率的に目標地点へ移動する移動術です。ですから、効率的に移動するために様々な技があります。

すでにパルクール動画を見てどんな技があるかを大体分かる方もいらっしゃると思います。ここでは、主なパルクールの技をざっくりと整理して紹介していきたいと思います。

※パルクールを行う際には全て自己責任でお願いします。特に、ケガをする・させる危険性のあることをしないこと。法律やマナーを違反しないことを心がけましょう。

パルクールとは?

パルクールは元々は目的地に効率的に移動する移動術のことでした。最近では、よりパフォーマンス性高い要素が含まれてきています。

【パルクールの動画】
(※スマホの場合は読み込みに少し時間がかかります。)



Sponsored Links

パルクールの技まとめ

パルクールの主な技は以下の7つです。

■ ランディング(Landing)   
■ PKロール(PK Roll)     
■ ヴォルト (Vault)      
■ クライムアップ (climb up)
■ ウォールラン (wall run)
■ プレシジョン (precision)
■ バランス (balance)



パルクールで使う主な技は上記の通りです。この技をマスターすることができれば、かっこよくパルクールを行なうことができますし、大抵の障害物を華麗に越えて移動することができます。

技の『攻略ポイント』が分かる!
【パルクール ~THE ART OF MOVEMENT】
■有名パルクール集団が講師
■技の攻略ポイントを動画で紹介!
■組み合わせ技の模擬演技を収録!

【この記事をシェアする】

パルクールの技講座

それでは早速それぞれの技について詳しく説明していきます。関連動画も載せてますので、何回も見てマスターできるようにしましょう。

ランディング(Landing):着地の衝撃を吸収する

特徴
高い位置から着地をする際に衝撃を和らげる方法です。パルクールでは高低差のある場所を移動することが多いため、衝撃を吸収する着地をマスターすることが重要です。

【ランディング(Landing)の動画】


やり方
①足裏の接着時に若干膝を曲げる
②足裏が着いたら膝をしっかりと曲げる
③両手で地面を押して衝撃吸収&上体起こし(両手で上体を起こすことで着地⇒走るをスムーズにする)

PKロール(PK Roll):着地時に回転して衝撃を分散させる

特徴
高い位置から着地をする際に回転して衝撃を和らげる方法です。着地の衝撃を体全体で受け流すことで衝撃を分散させることができます。ランディングだけでは衝撃が大きい高い位置からの着地時に使う技です。

【PKロール(PK Roll)の動画】


やり方
①足裏の接着時に若干膝を曲げる
②足裏が着いたら膝をしっかりと曲げる
③片手を手のひらで地面に付き、もう片方の手は前腕を地面と平行に付ける
④前腕をつけた方の肩から回転する
⑤肩⇒背中⇒腰⇒尻⇒脚の順に回転しながら着地の衝撃を分散させる

Sponsored Links

ヴォルト(Vault):低い障害物を華麗に飛び越える

特徴
手すりやガードレールなど腰辺りの高さの障害物を飛び越す際に使用する技です。比較的ケガをしにくいため初心者にとって始めやすい技です。また、普段の生活でも使いやすいため、非常に便利なパルクールの技だです。

ヴォルト(Vault)の中にも様々な種類があります。主要なものとしては両手で障害物を掴んで飛び越える『トゥーハンドヴォルト』や障害物に対して斜めから入り、障害物に近い脚から跳ぶ『レイジーヴォルト』、障害物上をスライド(滑る)する様な跳び方である『スライドモンキー』があります。

【レイジーヴォルト(Lazy Vault)の動画】


やり方

①乗り越える障害物に斜めから近づく
②片手を障害物に掴む
③障害物に近い方の脚を振り上げて反対側の脚で踏み切る
④上体を障害物側へひねりながら、振り上げた脚を障害物を越える
⑤踏み切った側の脚も続いて障害物を越える
⑥態勢を整えながら着地する

Sponsored Links

クライムアップ(climb up):高い障害物を反動で乗り越える

特徴

壁の天辺に手をかけてしがみつき、腕の力と脚を振り上げてよじ登る技です。高い障害物を乗り越えるために必須のパルクールの技になります。筋力を使う技なので初心者には難しいと思われがちですが、体の動かし方をマスターして反動を利用すれば、少ないパワーで乗り越えることができます。

【クライムアップ(climb up):の動画】


やり方

①両手で壁の縁を掴む
②片足をヒザを曲げてつま先を壁に付ける
③ヒザを曲げた脚で踏ん張り、他方の脚を振り上げながら腕で上体を壁の上へ上げる
④手のひらを一瞬浮かせて、壁の天辺に手のひらを移し替える
⑤手のひらで踏ん張りながら体を持ち上げる(ヒジを完全に伸ばす)
⑥片足を壁と反対側に振り上げて、足裏を壁の天辺へ着地させる

Sponsored Links

ウォールラン(wall run):壁を蹴って乗り超える

特徴

壁を蹴って壁を登る技です。普通にジャンプして登れないような高い壁でも、ウォールランを使えば乗り越えることができます。助走の勢いを壁を蹴って上に受け流すイメージでやれば上手くできます。

【ウォールラン(wall run):の動画】


やり方
①壁に斜めから走って近づく
②壁側の脚を振り上げてつま先で壁を蹴る(体は斜め45度くらい)
③素早く他方側の脚のつま先で壁を蹴る
④再び素早く最初に振り上げた側のつま先で壁を蹴り、体を壁と反対側へ飛ばす
⑤壁と反対側へ体が向きながら着地する

プレシジョン(precision):正確に着地する

特徴

着地したい場所に正確に着地する技です。ケガをしないためにもこの技をマスターすることは大切です。また、着地する場所がしっかりとした足場か正確に判断することも重要です。

【プレシジョン(precision):の動画】


やり方

①両足を揃える
②着地の目標をしっかりと確認する
②ヒザを十分に曲げながら両手を思いきり振りかぶる
③両手を振り上げながら勢い良くジャンプする
④つま先で着地する
⑤腕を振り戻して勢いをころす

バランス(balance):足場の悪い場所でも体を安定させる

特徴
手すりや細い壁の上を落ちずに歩く技です。地味ですがバランス感覚がないとすぐに落ちてしまうので練習が必要です。初心者にも始めやすいパルクールの技のひとつです。

【バランス(balance):の動画】

初心者が最初にマスターすべき技はランディング&ロール

お好きな技から練習するのも良いですが、私は着地技のランディングとロールから始めることをおすすめしています。

着地技がしっかりと行うことができれば、ケガをしにくくなりますし練習中の体へのダメージを軽減することができます。また、パルクールに適したシューズを履くことも重要です。

技の『攻略ポイント』が分かる!
【パルクール ~THE ART OF MOVEMENT】
■有名パルクール集団が講師
■技の攻略ポイントを動画で紹介!
■組み合わせ技の模擬演技を収録!

おわりに

今回紹介した初心者のためのパルクールの技以外にも様々な技があり、その中にも種類があります。ただし、初心者はまず今回紹介した技をマスターすることをおすすめします。これらの技さえできれば結構様になる映像を作ることができますよ。

【この記事をシェアする】

Sponsored Links

関連ページ一覧

ジャンプ DVD
廃墟
ポイント 辞書
Sponsored Links
【この記事をシェアする】