【この記事をシェアする】

はじめに

カジノ・ロワイヤル (吹替版)

パルクールが見れる映画の一つに『007 カジノ・ロワイヤル』があります。ジェームス・ボンドのパルクールなんて、激アツですよね。『007 カジノ・ロワイヤル』は新ジェームス・ボンドとして、イギリスの俳優のダニエル・クレイグが演じています。今回で第6台目のジェームス・ボンドとなるようですよ。因みに007シリーズ初の金髪ボンドとなったようで、今までのジェームス・ボンドとはイメージが異なっています。

さて、話を元に戻すと今回のパルクールはスーパー・スパイを演じるために、パルクール創始者の1人であるセバスチャン・フォーカンから、パルクールの技を教わったようですよ。これは映画で迫力のあるアクションが見れたので納得ですね。しかも、セバスチャン・フォーカン自身も映画『007 カジノ・ロワイヤル』に出演していてパルクールの技を惜しみなく見せています。

映画の中では爆弾男モロカ演じるセバスチャン・フォーカンをジェームス・ボンド演じるダニエル・クレイグが追うシーンでパルクールが見れるのですがこれはハラハラする内容で圧倒されますよ。とにかく、その迫力のシーンを動画でみてください。

Sponsored Links

映画『007 カジノ・ロワイヤル』のパルクール

この映画は冒頭から逃げるテロリストを追うジェームス・ボンドというシーンでパルクールアクションが見れます。舞台は重機が行き交う建設地帯みたいなところで、作りかけの建物の鉄骨を高速で移動するシーンがみれます。これが高低差のある場所なのでパルクールをするのにうってつけの場所なんですよね。テロリストとボンドは何度も建物を登っては飛び降りたりしてチェースが続きます。

最終的には大使館に逃げ込んだテロリストを捕まえるも、大使館の兵隊に包囲されてしまいます。しかし、ボンドはテロリストを射殺し、ついでにガス爆発を起こした後、姿を消します。

【007 カジノ・ロワイヤルの購入はこちら】

カジノ・ロワイヤル (吹替版)

おわりに

映画007シリーズは大変人気の作品となっていて、今回の『007 カジノ・ロワイヤル』も素晴らしい内容でした。それは、いままでの映画のコンセプトとは違って、パルクールなどテロリストを追いかけるボンドのアクションが大きく貢献していると私は思います。今後も映画のアクションシーンにパルクールが使われると良いですね。

【この記事をシェアする】

Sponsored Links

関連ページ一覧

ジャンプ DVD
廃墟
ポイント 辞書
Sponsored Links